さーて、何だか第3回になってしまいました。
身体は歩いたり、スクワットしたり、肩を回したりと全体的に鍛えれば基礎代謝が上がり、スポーツをする、運動をする、体を動かす事にいろんな考え方が歴史的にもあるという事がわかりました。これはスポーツをススメる上で極めて重要でありますが、あと一つ「心」が残っています。今回は「心の健康も考えよう!」と題して「ベテラン人生員に贈るスポーツのススメ」を締めくくろうと思います。

スポーツをするということは、心の健康にどのように関係しているのか?
運動やスポーツをすると脳から産出されるホルモンにとても影響があります。科学的に証明されていることは、運動すると神経伝達物質である「セロトニンエンドルフィン」が増加する事がわかっています。
セロトニンは幸せ感が深まり、ポジティブな感情が生まれてきます。このセロトニンは実はリズミカルな運動をするとよく産出されます。例えば音楽を聴きながら歩いたり走ったり、物を噛むのにリズミカルに噛んだり。リズムに合わせて体を動かすとセロトニンは出ると言われています。また、太陽に当たるとこれまたセロトニンが大放出。朝、ジョギングをしながら音楽を聴けばセロトニンに加えビタミンDも摂取できますので最高かもしれませんよ?あーもう幸せ。

まだ続きます。この「セロトニン」が変形して生まれるのが「メラトニン」です。このメラトニンは良い睡眠に繋がってきます。深い睡眠を誘発するメラトニン。ぐっすり深く寝ればストレスから解放される事でしょう。

そして忘れてはいけないのが「エンドルフィン」です。多少の痛みや呼吸の辛さなど感じなくなってしまう物質です。マラソン選手がよく体感する「ランナーズハイ」が有名ですね。本当に自分が幸福の世界に入っていくような、そんな感覚があるそうです。経験されている人も多いのではないでしょうか。運動が脳に与える影響と言えるかもしれません。

統計的にいうとスポーツ選手というのは何かを目標にトレーニングしますから、知らず知らずものすごいストレスがかかると思うのですが、もしそういう厳しい環境がなければ、楽しくトレーニングをするスポーツ選手ほど人生に幸福感を感じるという事なのでしょうか?近々、文部科学省のスポーツ庁に確認してみます。電話しました。(03-5253-4111) スポーツ庁ではアンケートはまだ行っていないとのことでした。

基本的にトップアスリートが怪我をするまでのめりこんでしまうのは、このエンドルフィンに出会いたいというのがあるのかも知れません。快感が伴うし、やりすぎるとそれが依存症に繋がっていくケースもある。これはスポーツにおけるマイナス面と言えます。

トレーニングのやりすぎをいい意味で解釈すればセロトニン、エンドルフィンの分泌を盛んにする。ということは、アスリートの技術やスポーツ選手が得た知識を一般的に転用されれば健康のためにコントロールされたエクササイズが可能になるという結果になります。

「ベテラン人生員に贈るスポーツのススメ1・2・3」をまとめれば、スポーツをするということは筋肉を増大させたり身体全体を鍛えたりするだけでなく、精神的にも健康をもたらし、かつ何よりも変えがたい幸福感が得られるという事になるのでしょう。

最後に余計な事を書きますが、先日「東京2020オリンピック・パラリンピック」が終了しました。オリンピックで大切な事って一体何なのでしょうか?それは私たち日本人の精神的な豊かさを増大させる事ではないでしょうか。テレビでは経済効果や予算的な報道が多いですよね。それも大事かも知れませんが、もっと大切なのは、素晴らしい音楽を聴く、声にならないほど美しい絵画を見ることと同様に、スポーツに接するということは一人一人の魂のレベルを上げることに他なりません。経済や社会に関係のない精神的インパクト、言い換えれば人間へのインパクトが体験できる、それがオリンピックだと解釈しています。

以上、「ベテラン人生員に贈るスポーツのススメ」でした。